名古屋で骨格矯正とパーソナルトレーニングをおこなっている女性専門スタイル矯正サロン「Style Design Salon Hiro Hattori」のスタイルデザイナーヒロ服部です。

女性のスタイルの悩みベスト3に入るぽっこりお腹。

その原因について掘り下げていきたいと思います。

ぽっこりお腹の原因

ぽっこりお腹の原因になるのが「動きの土台」=腹圧です。
腹圧が弱くなると筋バランスが崩れ体幹の動きが固まります。
この時お腹の筋肉が固まってくればいいのですが、現実では胸郭(肋骨)が固まり腹圧はさらに弱くなってしまうスパイラルに陥ってしまいます。

簡単腹圧チェック

  • 電車で座る席を探してしまう
  • 足を組みたくなる
  • どこかにもたれたくなる

3つとも当てはまる人は腹圧が弱くなっているかもしれません。
しゃがむ、立つ、歩く、座る。という日常の動きの中で腹圧をうまくかけられないと体幹が安定しません。
不安定な体幹では重心を正常な位置に保つことができず、座る、組む、もたれることでカラダの安定を補おうとするのです。

 

腹圧を高めてくれる筋肉(パワーハウス)

腹圧を高めてくれる筋肉は、コアやパワーハウスと呼ばれる「横隔膜・腹横筋・骨盤底筋群・多裂筋」です。

一般的にはこの部分を鍛えることで、体幹が安定してぽっこりお腹が凹むと考えるセラピストさんやトレーナーさんが多いですが、実際にスタイルデザインを行なっているとパワーハウスを鍛える前に、下準備をしないといけないことの方が多いです。

パワーハウスを鍛える前にやること

1. 固まった胸郭の可動域を取り戻すこと

2. 大腰筋、ハムストを働くようにすること

3. 足の機能を取り戻すこと

 

どうして腹圧が弱くなるの?

元々カラダには動きに合わせて腹圧を高めて体幹を安定させる腹圧システムが備わっています。

重心やカラダにかかる圧力の変化を脳が感じて、自動的に腹圧コントロールが行われているのです。

 

このシステムが正常に働いていればカラダの動きに合わせて自然と腹圧が高まるのですが、カラダからの情報が間違って脳へ送られ続けているとシステム異常が起こり、動きに合わせた腹圧をかけられなくなってしまいます。

【システム異常の原因】

姿勢、運動不足、睡眠不足、ストレスなど

 

回復させるために必要な運動

クライアントさんにも勘違いしている方が多いですが、腹筋をしても腹圧システムが戻りません。

体幹トレーニングもスタイルデザインの順番では後の方になることが多いです。

腹筋を100回できるようになったとしてもぽっこりお腹が凹むことはないのです。

 

オススメの家でできる運動

◆雑巾掛け

床の雑巾掛けにはカラダの機能を取り戻すために必要な動作が盛り込まれています。

床もきれいになりますし、僕も週に一度はサロンの雑巾掛けを行います。特別に腹筋運動はやっていませんがお腹がぽっこりしてきたことはありません。

◆よっこいしょ

立ち上がる時や、座る時に出すかけ声ですね。

声を出すことで「よっ(こいしょ)」のところで必要な腹圧がかかります。

ぽっこりお腹は気になるけど、人前では恥ずかしいという方も、ひとりの時に是非試してください。

※この時お腹に力を入れる必要はありません。自然と入る。これが大切なポイントです。

入れると入るでは似ているようで全然違うのです。

 

まとめ

ぽっこりお腹は凹まそうとしても凹むものではありません。食事を減らして痩せるだけはなおさらです。

「体幹の筋肉を鍛えることがすべてだ」と伝えられることが多い下腹ポッコリですが、メディアで取り上げられていることと実際現場で取り組んで有効なことには少しギャップがあります。

過度なトレーニングを行わなくても、順序良くカラダに向き合ってあげることができれば下腹ぽっこりはみなさんが考えているよりもカンタンに解決していきます。